トップページ

幼保連携型認定こども園

こども園くさべの特徴
「幼保連携型認定こども園」は幼稚園と保育所の両方の良いところを合わせた施設です。
幼保連携型認定こども園「こども園くさべ」は、質の高い教育・保育を提供しています。
お仕事をしている、していないに関係なく利用できます。保護者が、お仕事を離れるなど状況が変わった場合でも、通い慣れた園を、そのまま利用できます。
「こども園くさべ」では、子育てをしているすべての家庭への、子育て支援を行っています。子育て相談、園庭開放、一時預かり保育、堺市と協力して赤ちゃん訪問をしています。

沿革

内   容
1980年 4月 社会福祉法人 日下会 くさべ保育園として定員60名で開園する
1982年 4月 堺市が緊急一時入所制度を作る.くさべ保育園も受け入れる
1983年 4月 延長保育、午後6時30分まで開園する.土曜日も同じように延長する。
1986年 4月 堺市立保育所と堺市民間保育所連盟が協力して、電話育児相談の実施
1989年 4月 保育所地域活動の開始
1990年 8月 鶴見緑地で行われた「国際花と緑の博覧会」の日米保育園児親善交流事業「ちびっ子祭り」に参加協力
1991年 4月 堺市一時保育サービスの実施
1992年 4月 電話i育児相談を発展的に解消し,各園で実施する。
1994年 4月 全国で初めて,堺市の民間保育園で、園庭開放を実施する。
1995年 10月 遊戯室完成する。
1996年 7月 堺市で、O157が集団発生、くさべ保育園では感染者無し。
1997年 4月 定員を30名増員し,定員90名になる。
1998年 4月 定員の弾力化運用(25%増)を受け入れる。
2000年 4月 苦情解決システムの導入する。
2006年 4月 ホームページを開設、保護者写真館で、無料で園児の写真をダウンロードできるようにする。
2011年 4月 立て替え工事完成、定員が30名増の120名になる。
2012年 4月 園庭の芝生化に取り組む。
2015年 4月 幼保連携型認定こども園「こども園くさべ」になる.定員155名に変更。
2016年 3月 体育館(旧遊戯室)床張り替え工事完成(大阪府産杉材使用)。
2017年 9月 0.1歳児のオープンデッキ改修

 

ニュース

平成30年9月10日(月) 正職員募集中です。詳しくは、採用情報のページをご覧ください。